メリットがたくさん!中古マンションの選び方を解説

安くて利便性も高い中古マンション

景気の動向にかかわらず住宅開発は行われ続けていますが、住みたい場所にある物件を必ず購入できるとは限りませんね。そこで選択肢となるのが、数が豊富な中古マンションです。新築マンションの建設が行われる場所はある程度限られますが、中古ならば各地にありますから、駅前物件を買うことだってできます。また、値段も非常にリーズナブルですから、お子さんがいらっしゃる働き盛りの方や、独身生活を楽しむ方にもおすすめできますよ。

新耐震基準を満たした物件とは

地震の多い日本で中古マンションを買う時に注目したいのが、現在の耐震基準を満たしているかどうかです。マンションの耐震基準は昭和56年(1981年)6月1日に改正され、この日以降に建築確認を受けた物件に適用されています。建築確認から実際に建物が完成するまでには数年かかりますから、建築が1985年以降ならば新耐震基準を満たしていることが期待できます。一方でこれ以前に建った中古マンションは安く買うことができますから、耐震基準と価格のどちらを重視するかによって、最適な物件は変わると言えるでしょう。

管理が適切に行われているかどうか確認しよう

中古マンション選びで大切なことは、耐震性や価格、そして立地という点だけではありません。複数の世帯が共同で暮らす建物ですから、清掃や修繕などの管理が適切に実施されているかどうかを確かめましょう。見学時にできる確認方法としては、庭木が手入れされているかどうか、掲示板に貼られたプリントの日付が古すぎないかを見ることがあります。また、一戸建てと違ってマンションは一世帯だけで修繕することができないため、全世帯でお金を積み立てることになっています。ですから、金銭的な負担にはなりますが、修繕積立金の額が高いほど安心して暮らせることになるのです。

リノベーションマンションは古い物件を自分の生活スタイルに合わせて改築する事で、間取りからキッチン、バスルームまで希望通りにする事が出来ます。