知っておくと便利!畳と平米の関係について

畳の種類によって面積も変わる

賃貸物件の図面には、よく「和室6畳」などと表記されていますが、実は畳の種類(サイズ)によっては、同じ6畳でもその面積が変わってしまいます。主な畳の種類には、西日本に多い「京間」と、東海地方に多い「中京間」、そして関東を中心とした地域に多い「江戸間」があります。大きさとしては、京間が一番大きく、次に中京間、江戸間と続き、実際に同じ6畳間の面積を比べてみると、京間と江戸間では、約1畳分の違いが出てしまいます。

6畳間は10平米と同じ面積

ワンルームマンションなどの物件では、何畳ではなく「何平米」という表記が使われていることがあります。しかし平米で表記されても、広さのイメージがしにくいという人も多いのではないでしょうか。そこで一つの目安として、先ほど説明した中京間を基準にすると「6畳は約10平米と同じになる(1.66平米×6=9.96平米)」、ということを覚えておくと便利でしょう。ちなみに4畳半は7.5平米で、8畳は13.3平米になります。

ワンルームの広さをイメージする

「6畳は約10平米」という目安を使うと、例えば18平米のワンルームの広さをイメージする場合は、6畳間2つ分より少し狭いぐらいか、または6畳間と4畳半を足したぐらいの広さという見当がつきます。そして30平米の場合なら、6畳間3つ分の広さというイメージが簡単にできるでしょう。さらにワンルームの場合は、実際に居室として使える空間は、部屋全体の3分の2程度だと言われているので、18平米の場合は6畳間より少し広めの空間、そして30平米の場合は6畳間2つ分の空間が居室として使える広さになるということがイメージができます。

賃貸とは字の通り貸し借りのことですが、一般的には住宅市場で使われることが多い言葉で、オーナー所有の住居物件をお金を払って借りることです。