知っておきたい!賃貸の騒音トラブルについての基礎知識

騒音トラブルは他人事ではない

騒音トラブルは、アパートやマンションなどの集合型住宅の賃貸に住む人にとっては誰にでも起こりうることだと言えます。日常生活が騒音によって乱され、解決法に悩んでいるという人も少なくないでしょう。集合型住宅の場合は、上下左右の部屋と接しているために騒音トラブルが起こりやすくなるという根本的な原因があります。またその音(騒音)が、日常的に許容される範囲のもの(生活音)かどうかという判断も難しい場合があると言えますし、自分自身が騒音の原因になっている場合もあり得ると言えるでしょう。

防音性の高い建物を選ぶ

集合住宅の場合、部屋の壁・床・天井が他の部屋に接していることが大きな原因だと言えますが、建物の構造によっても、音の響き方が変わります。一般的に、アパートは木造や軽鉄骨造で出来ているため音が響きやすいと言われており、マンションなどの鉄筋コンクリート造は防音性に優れていると言われています。なので事前に騒音トラブルを避けたいという場合は、防音性が高いマンションを選ぶのが基本だと言えるでしょう。ただしマンションは、アパートよりも家賃が高くなります。

騒音には心理的な側面もある

騒音トラブルには、心理的な側面もあり、騒音に感じる人もいれば感じない人もいるなど、感じ方によって変わるという場合もあります。明らかに常識外れの騒音である場合は、大家さんに相談して解決してもらうことも可能ですが、それが日常的な生活音の範囲のものであっても不快に感じる場合もあるでしょう。対処法としては、ファミリーや一人暮らしといった、自分の生活スタイルと同じような人たちが集まっている物件を見つけることです。生活スタイルが同じなら、自分も同じように行動している場合が多いので、騒音がそれほど気にならないケースも多いと言えます。

札幌の賃貸マンションは、居住性が優れているだけではなく、家賃が低価格に設定されていることが魅力です。