居ぬきの店舗物件を使って飲食店を開業する

居ぬき物件で飲食業をはじめる

将来自分のお店を持ってみたい。そんな夢を持つ人、多いのではないでしょうか。以前から飲食に携わってきた人、今は会社員だけど将来脱サラして飲食をやりたい人。いろいろな人がいるかと思いますが、飲食を一からはじめるなら居ぬき物件を狙ってみましょう。居ぬき物件とは以前そのテナントでお店をしていた人が店の中をスケルトン、すなわち真っ新な状態に直さずそのままの状態で賃貸物件になっている物件です。ここでは居ぬき物件について考えてみましょう。

居ぬき物件で飲食業をはじめるメリット

今飲食店は経営は難しいのにお客様から要求されることを多くなるという非常に厳しい時代です。提供する商品の質だけでなく、店舗の内装、スタッフの動線確保、清潔感など店そのものの質も高めていく必要があります。しかし一から内装工事を入れると数百万、ちょっと気合いをいれると一千万を超えてくるのが店舗内装です。そこで強い味方になるのが居ぬき物件。飲食不況が故に、なかなかお金のかかった内装がそのまま残されている物件がわりと出ています。内装にお金をかけなくていいということは、これから開業する人にとっては大きなメリットです。見つけるのに時間はかかるかもしれませんが、逆を言えば許容範囲の場所でいい居ぬきが見つかればそれは開業を決意するチャンスにもなります。ぜひ積極的に狙ってみてください。

居ぬき物件のデメリット

居ぬき物件はなにもいいことだけではありません。まず気を付けるべきは中の機具がどれくらい残っているのか、という点です。冷蔵庫、冷凍庫、流し台、調理場など見るべき点は業態によっても違いますが、物件によってはそのまま機具も残っているものがあります。しかしこれが曲者で、まずは動作チェックをして使えるかどうか確かめないとなりません。使えないことがあとあとわかると最悪新しいものの手配だけでなく、破棄にもお金がかかります。大家さんと今ある機具の処理についても相談しおきましょう。また年々飲食店における保険のチェック項目は厳しくなっています。古い物件だと保険所対策が出来るかどうかなど、造りそのものの問題もあります。事前に写真や図面をとって保険所の人と相談しておくのも手でしょう。居ぬき物件は便利ですが、自分の気づかないところに落とし穴があるパターンもあります。実際にそこで動くことを入念にシュミレーションしてから契約を考えましょう。

店舗物件というのは、面積や周辺環境をはじめとした様々な条件が異なる物件が豊富に揃っているため、希望に合わせて選択できます。